なお屋

小説家・佐々木直也の公式サイト

menu

CONTENTS

CONTENTS

そんなに激しく上下運動しないで!?

 うえぇ……やばひ……飲み過ぎた。

 わたしは、必死の思いで呪文を唱え、アルコールの匂いを消臭魔法で打ち消します。この魔法なら、口元で匂いでもかがれない限りは大丈夫なはずです。

 さらに魔法で顔の赤みも隠して、千鳥足もなんとか補正します。

 これでわたしが、ちょっぴり酔っ払ってしまったことには誰も気づかないハズ……!

 ですが酔いの回った状態で魔法を使うと、さらに酔いが回るんです。

 宿に付いた頃には、なぜか部屋がぐるんぐるんに回ってました。

 なのでわたしはベッドに倒れ込むと……

 ………………

 ………………いたっ。

 ………………いたっ、いたっ。

 も、もう、なんなんですか……人がいい気持ちで……寝ているというのに……なんか頬が痛いですョ……

(おいユーリ……いい加減起きろ! もう襲撃者に取り囲まれてるぞ)

 うう……急に頭の中にアオイさんの声が……うるさいなぁ……

「むちゃむにゃ……もぅ飲めませんよぅ……」

(おいユーリ! ナニ寝言ほざいてんだ。起きろって、もう襲撃者が来てるんだって!)

「ぐー……ぐー……」

(お……お……おまえ……呑んでやがるな!? 起きろコラ!!)

 ………………あれ?

 やばいです。

 なんか知らないけど、アオイさんに呑んでいたことがバレたっぽいです。

「ふにゃぁぁぁ……いっぱいだけ……いっぱいだけだったんれすぅ……」

 無理やり上体を抱え起こされて前後に振られ、わたしは目を回しながらも、いいわけ──いえいえ説明を試みます。

「らけどぉ……なんかもうギリギリまで魔力がなくなるとぉ……酔いの回るのがいじょーに早くれ……」

(つーか飲むなっつってただろーーーがぁぁぁ!!!)

 うひぃ……念話で叫ぶのやめて……

「いっぱいだけ……いっぱいだけならだいじょーぶと思ってぇ……」

(何を飲んだんだよ!?)

「ウイスキーのロック」

(酔うに決まってんだろオォォォ!?)

 その後もアオイさんが何かをわめいているのですが、朦朧としている意識では、もはや念話でも何をいっているのかよく分からなくなりました。

 うう……明日から……明日から本気出すから……だから今はもう寝かせて……

 なぜか部屋の中で怒号とか金属音とか聞こえますが、そんな騒音も今では心地よい子守歌のように聞こえて……

 ……来るはずがない。

 ちょっと!?

 人が寝ようとしているのに、いったい何をしているのですか!?

 わたしは文句をいうべく上体を起こします──と。

 黒づくめに覆面をした謎の男二人と目が合いました。

 ってかダレ!?

「もうコイツでいい!」

 いうやいなや、わたしは黒づくめの一人に抱えられると、あっという間に窓の外にその身を躍らせ……ってか落ちる落ちる!

「あ〜れ〜〜〜〜〜〜!」

 わたしが悲鳴をあげてるのにも関わらず、誰も助けに来てくれませんョ!?

 こんなときのチートだというのに、アオイさんは何をしてるんですか!

 わたしが攫われたら変身魔法が使えないってこと、分かってないんですか!?

 ………………あれ?

 なんか、おかしいな??

 ですが襲ってくるその激しい衝撃に思考力を奪われます。

 どうやらわたしは、見知らぬ男に背負われて、その男は全力疾走しているようなのですが、酔っ払っている身としてはその激しい上下運動は堪える……堪えるよ……いやほんと、やばひ……やばひですよ……?

「も……もぅだめ……」

 それが、わたしの発した最後の言葉でした。

「うわ!? なんだこいつ! 吐きやがったぞ!」

「ぎゃあ!? オレの背中で吐くんじゃない!!」

 そうしてわたしの意識は昇天したのでした……

 

(つづいとけ)

冒頭に戻る