なお屋

小説家・佐々木直也の公式サイト

menu

CONTENTS

CONTENTS

冥界と下界の出入りは、バカでかい界港で行うんですョ

 わたしは、界港到着ロビーに到着するや否や、その場でへたり込みました。

「し……死ヌかと思った〜〜〜……」

 すると、係の人がすかさず声をかけてきます。

「あ〜、ソコの人、止まらずに進んでくださいよ〜」

 わたしは、二日酔いのようにガンガン痛む頭を押さえながらも、東京ドームほどもある転送ポートの中をよれよれと歩き出します。どうせなら、回復魔法でアルコールを完全に抜いてもらってから戻ればよかったですョ。

 そうしてわたしは、第435旅客ターミナルのコンコースに出てきました。

 うひゃぁ……相変わらずの混雑ぶりですね界港は。

 100階分のぶち抜き天井は(っていうか天井みえない)は解放感があるものの、コンコースをせわしなく行き交う大勢の冥界人のせいで、なにかこう息苦しさを感じます。

 そもそも、コンコースが広すぎて徒歩での移動が困難なので、自動運転カーゴが冥界人を荷物のように運んでいるのですが、そんな光景がせわしなさに拍車がかかるんですよねぇ。

 まぁこの広さのおかげで、ほとんど待つことなく出界できるのが救いでもあるんですけども。

 わたしたち冥界人が下界に出向くことは希ですが、下界はそれこそ星の数ほどあるわけで、そこに出入界するここ界港は、広大な面積が必要で、膨大な冥界人が出入りしているのです。

 それもみんな公務のトラブルで行き来しているものですから、どことなく殺伐として雰囲気が、巨大な旅客ターミナルに蔓延していました。

 まぁその中でも、晴れやかな顔をしている人は、トラブルを無事解決して帰界してきた人達でしょう。

 わたしのようにね!

「はーもー、二日酔いでダルいわ頭痛いわ、禄に寝てないから寝不足だわで……とりあえずコーヒーでも飲も」

 わたしはコンコース内にあるラウンジに立ち寄ると、一番安いコーヒーをを注文しました。

 本当は、このラウンジの名物『閻魔パフェ』を食べたいところなのですが、今は金欠なのでパフェすら注文できません……(涙)

 仕方が無いので、わたしはただのコーヒーにお砂糖をモリモリ入れてから(お砂糖は無料ですからね!)、甘々になったコーヒーを一口すすり、ようやく人心地つきます。

「それにしても散々な目に遭いましたよ……これからどうしましょうかね……」

 いちど冥界役場に戻って異世界出向の取消を申請する……なんてのがエレシュ係長に通用すれば、こんな苦労はしてませんよねぇ。

 わたしは「はぁ……」とため息をつきながらスマホを取り出そうとしたのですが、スマホがありません。

 ああもぅ……スマホはアオイさんに貸しっぱなしでしたね。これではなんの情報も入ってこないし連絡も取れません。

 わたしはラウンジに設置されている時計を見ます。冥界はいま午前中で、これから冥界役場に行ったらちょうどお昼時でしょうか。

「仕方が無い……いちど冥界役場に顔を出してみましょう」

 そうすれば、同僚のアウローラちゃんに、エレシュ係長の様子を聞くことができるでしょう。

 そう考えて、わたしは重い腰を上げたのでした。

 

(つづくと思う意志がつづかせる)

冒頭に戻る