なお屋

小説家・佐々木直也の公式サイト

menu

CONTENTS

CONTENTS

エピローグ
ああ、素晴らしきかなシャバ世界!

 それからというもの──

 ──なんやかんやと1週間も冷たいメシを食べさせられたものの……

 わたしはようやく、塀の外へと出てくることができました!

 ああ、シャバの空気が上手いというのは本当だったのですね!

 もぅ感無量です!

 自由って素晴らしい!!

 そう、お金がなくたって、食っちゃ寝できなくたっていいんです。

 自由こそ、自由こそあれば!

 そうして、いつだって頼りになる彼(あるいは彼女)さえいれば……!

 留置所を晴れて出所したわたしは、下界担当官に戻されて、下界へと降り立ちました。

 そうして──

 ──赤ちゃんの身でありながら、ティファさんに抱っこされつつ港で船の手配をしている、今日もがんばっているアオイさんを見つけて、わたしは駆け寄ります。

「──アオイさん!」

(よう、ユーリ。ようやく出所できたのか)

 獄中で、改めて伝えようと思っていたその想い。

 ようやく、伝えられるときが来て。

 わたしは、ティファさんからアオイさんを渡してもらうと、ギュッと抱きしめて。

 ついに、その一言を伝えます。

「アオイさん!」

(な、なんだよ……)

 ほんのり頬を赤らめるアオイさん。

 わたしは、満面の笑みでいいました。

「よくもわたしを投獄してくれましたね!?」

(ぐえぇ……お、おま、お前えぇぇ……!)

 

 ちょっぴりな照れ隠しですよ? もちろん!

(おしまい♪)

続きや新刊ができたらTwitterでお知らせしています。
ぜひフォローしていってください(^^)

冒頭に戻る