なお屋

小説家・佐々木直也の公式サイト

menu

CONTENTS

CONTENTS

第2話
フルーレとサンタクロース

「そうそう。最近、街でよく『赤い衣服を着た方』を見かけるのですが、あの方たちは何をしているのですか?」

 シャンパンの入ったグラスを傾けながら、フルーレがそんなことを聞いてくる。

 フルーレの隣では、アストリッドが「わたしも妙な扮装だと思っていたわ」と頷いた。

 六畳一間でクリスマスパーティーを開催中だというのに、旺真は、サンタクロースについてぜんぜん説明していなかったことに気づく。

 だがその説明を先に切り出したのは実花だった。

「あの人たちはね、サンタクロースって言うの。クリスマスのマスコットキャラみたいなものね」

「マスコットですか。ということは、お誕生日を祝われている方がモデルなのですか?」

「あー……そういうんじゃないわ。サンタさんは、子供たちにプレゼントを渡すほうだしねぇ」

「そうなのですか? 確かにそう言われてみれば、商店街で、子供たちに風船を配る方もいましたね。でもたくさんの子供がおりますのに、そんなことをして大丈夫なのでしょうか?」

 フルーレの、まさに子供のような質問に、実花がにんまりと笑みを浮かべる。

 あからさまにからかおうとする笑みだった。

「それは無用な心配ね。何しろサンタさんには、国から莫大な補助金が出ているから」

「なるほど……この国は豊かなのですね。ちなみにどんなプレゼントなのでしょう?」

「んー……最近は、希望を聞くことが多いのかしらね」

「至れり尽くせりですね……! ですがもし、子供が『100億万円欲しい』などと言ったらどうなるのです?」

「あー、そういう悪い子のところにはサンタさん来ないから」

「そうなのですか……でも子供の良し悪しなんてどうやって判断を……あ、もしかして親御さんが国に申請するのですか?」

「そうそう。だから毎年、この時期になるとお役所には長蛇の列よ」

「子供たちにプレゼントするのはよい仕組みだと思いますが、それに親御さんが駆り出されるというのは頂けませんね。郵送やネットで受付はできないのでしょうか……」

「でも配るときなんて、サンタさん、煙突から入ってくるのよ?」

「なぜ煙突から!? そもそも、街で見かける住居に煙突なんてありませんでしたよ?」

「うん。だから最近は、夜な夜な窓ガラスを割ったりしてる」

「ほとんど泥棒じゃないですか! 玄関からの配達じゃいけないのですか!?」

 フルーレは、そんな法螺話ほらばなしを信じ切っているので、そろそろ旺真が止めに入る。

「フルーレ、小田さんの言っていることはぜんぶ冗談だから」

「な……!?」

 言葉に詰まって頬を赤らめるフルーレに、実花がケラケラと笑った。

「ま〜ったく、これだから、世間知らずのお姫様は。子供みたいに信じ切っちゃって、かわい〜♪」

「ちょっと実花さん! あなた、さては酔ってますね!」

 フルーレが文句を言うも、実花はどこ吹く風で笑い続ける。

 やがて、怒っても無駄だと悟ったフルーレが、ため息交じりで旺真に言った。

「それで結局、あの赤い服はどういった方なのです?」

「ああ……子供たちにプレゼントを配るっていうのは本当……いや本当というか、そういう伝説があるんだよ。実際にプレゼントするのは親だな」

「なるほど……架空の人物ということなのですね。どういった由来があるのでしょう?」

「そう聞かれると……うろ覚えだな。ちょっと待ってくれ」

 旺真はスマホを取り出すと、サンタの由来について調べ始めた。

「お、これが分かりやすいかな。フルーレ、サンタの由来はだな……」

 旺真は、ネットの情報をほぼ読み上げる形でサンタの由来を説明して、一通り聞き終えたフルーレは、納得したかのように頷いた。

「なるほど……貧しい人達のために善行をした方が由来だったのですね」

「これも諸説あるようだけどな」

「でも素敵なお話です。魔界にはそういった話はありませんから……」

 どことなく肩を落とすフルーレに、旺真は「頃合いかな?」と思い、自分のバッグをたぐり寄せる。

 そうしてその中から、小さな箱を取り出した。

「まぁそんなわけでフルーレ、今日はオレがサンタの代わりだ」

「えっ……?」

 プレゼントをもらえるとは思ってもみなかったのだろう。フルーレはいっとき目を丸くして、それからおずおずと言ってきた。

「お、旺真……わたくしはもう子供ではありませんよ……?」

「いや、クリスマスにプレゼントをもらえるのは、子供だけじゃないから」

「そ、そうなのですか……? でもわたくしのほうは、何も用意して……」

 躊躇ためらいがちのフルーレを遮って、実花が言ってくる。

「フルーレだけずるい! わたしにはないの!?」

「もちろん、小田さんにもありますよ。あ、ついでにアストリッドにも」

 旺真はそう言いながら、実花とアストリッドにプレゼントを手渡す。

「おお! さすが倉本君! ありがとう!」

 実花は満面の笑みでプレゼントを受け取って、アストリッドは手にしたプレゼントを眺めながら言ってきた。

「わたしにも用意しているとは思わなかったわ」

「まぁ……その、なんだ。この場で渡すのに、アストリッドだけナシってのも意地が悪いだろ」

「つい昨日まで敵対していたというのに、あなた、本当にお人好しね」

「うるさいな。いらないというなら──」

「いらないなんて言ってないじゃない。開けてもいい?」

「ああ、いいよ」

 アストリッドがラッピングを開封すると、バスボムの詰め合わせだった。

「三人一緒なの?」

「いや、アストリッドがバスボムで、フルーレと小田さんはアロマキャンドルにしたよ」

「へぇ……わたしだけ違うプレゼントだなんて、ずいぶんと意味深いみしんね?」

「え……!? ちょ、ちょっと待て! 何を妙な勘違いしてんだ!?」

 旺真は慌てて否定するが、フルーレと実花の目は早くも据わっていた。

 そもそも、フルーレに至ってはまだプレゼントを受け取ってすらいない。

 旺真は必死に弁明を試みる。

「フルーレとアストリッドは同室だろ!? それで二人とも同じアロマキャンドルじゃ意味ないじゃんか!? だからだよ!」

 いちおう筋が通っているその言い分けに、実花のほうは「言われてみれば、まぁ確かに」と納得する。

 しかしどうにも、フルーレの機嫌は直っていないようだ。

 どこでミスったのか検討皆目つかない旺真がオロオロしていると、アストリッドが嘆息混じりに言ってきた。

「いずれにしても……三人とも、形の残らないプレゼントというのはあなたらしいわね」

「ぐ……そんなに文句付けるなら回収するが?」

「ありがたく頂戴しておくわ」

 憎まれ口を叩きながらもアストリッドは微笑する。なんだかんだと喜んでいるようだった。

 そして旺真は、最後の難関のようなフルーレに視線を移す。

 フルーレは、口先をとがらせながらも言ってきた。

「このタイミングで、全員に、プレゼントを渡すのも旺真らしいですよ」

「えっと……まずかったか? サンタの話が出たからちょうどいいかと思ったんだが……」

 旺真が率直にそう言うと、フルーレはため息を付いてから片手を差し出す。

「別に……悪いとは言ってません。ですからそのプレゼントはもらってあげます」

「お、おお……ありがとう……?」

 なぜか立場が逆になり旺真は疑問符を浮かべるが、とにもかくにもプレゼントは手渡せた。

 するとフルーレは、少しの間、プレゼントをじ〜っと見て、それから上目遣いで旺真に言ってくる。

「あの……今使ってみてもいいですか?」

「ああ、構わないぞ。好きな香りだといいんだが」

 旺真はそう言いながら立ち上がり、台所からライターを持ってきて、フルーレに手渡す。

 そしてフルーレがアロマキャンドルに火を灯すと、すぐに、部屋の中に柑橘系の香りが漂い始めた。

 キャンドルを見ながら実花が言った。

「うん、クリスマスっぽさがグッとアップしたし、いい香り」

 それを聞いたアストリッドも頷く。

「確かに、旺真にしてはいい選択ね」

 オレにしてはってなんだよ……と思いながらも、旺真はフルーレの感想が気になって彼女を見た。

 フルーレは……すでに機嫌は直ったようで、物珍しげにキャンドルを見ている。

「不思議ですね……ロウソクから香りが漂うなんて……」

 どうやらこの手のグッズも魔界にはないらしい。旺真は、同封されていたキャンドルの説明を読んだ。

「その香りは、リフレッシュ効果もあるらしいぞ」

「へぇ……すごいですね。そんな効果まであるのですか」

 フルーレは旺真を見ると、子供のように笑う。

「ありがとう旺真、大切に使いますね!」

冒頭に戻る